スタッフブログ

【5/26】「八戸はっち+八戸ブックセンター両館長と公設公営を語ろう」

altを入れる

こんにちは!センター長の仙石です。

ゴールデンウィークが終了して、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日からお知らせしておりますが、Gスクエアではこの2日間五稜郭祭応援企画を実施しています!

どうぞ足をお運びください。

 

今日はGスクエアで来週行われるイベントのお知らせです。

公立はこだて未来大学 田柳恵美子研究室+北海道教育大学函館校 池ノ上研究室・古地研究室

の主催で行われる「第3回まちdeゼミナール「八戸の公設公営手法から学ぶ」」

5月26日(日)にGスクエアを会場に行われます。

 

青森県八戸市では、行政主導によるユニークな公共空間とまちのにぎわいづくりがすすめられています。

今回は「八戸ポータルミュージアムはっち」「八戸ブックセンター」の館長・所長のお二人にお越しいただき、

新しい公設公営の取り組みについてお話いただき、ディスカッションおよびグループワークを行います。

 

実は私・・・今年の2月、お休みをいただいてこの2つの施設に行ってまいりました!

施設の方には丁寧にご説明いただきましたが、どちらもとても魅力的な施設でした。

「八戸ポータルミュージアムはっち」は地域の資源を大事にしながら市民の皆さんと新しい魅力を生み出すことをミッションとしていました。

「八戸ブックセンター」は販売している本のセレクトが秀逸で、新たな知識や発見と出会える仕組みと、書き手を支援する取り組みも行なっていました。

Gスクエアのミッションにも通ずるところがあります!

今回のイベントには私も参加しようと考えております。

事前にお申し込みの上、どうぞ足をお運びください!

 

センター長 仙石

 

第3回まちdeゼミナール
「八戸はっち+八戸ブックセンター両館長と公設公営を語ろう」
日時:5月26日(日)13:00〜16:00
場所:Gスクエア イベントスペース
定員:40名程度
プログラム(予定)
 Part1 導入トーク
 Part2 ゲストトーク&ディスカッション
 Part3 全員による討論・グループワークなど
ゲスト:安原 清友 氏(八戸ポータルミュージアムはっち 前館長)
    音喜多 信嗣氏(八戸ブックセンター 所長)

主催者:公立はこだて未来大学 田柳恵美子研究室+北海道教育大学函館校 池ノ上研究室・古地研究室
問い合わせ先:090-6160-1161(田柳)
メールアドレス:etayanagi@gmail.com
ホームページ:https://www.facebook.com/events/454595778678719/permalink/454599925344971/

交通アクセス

JR函館駅からのご利用

  • 函館バス:「函館駅前」乗車→「五稜郭」下車
  • 105系統(函館駅前~五稜郭~赤川)
  • 6-2系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~上陣川)
  • 59系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~旭岡中学校前)
  • 10系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~鉄山)
  • 市電:「函館駅前」乗車→「五稜郭公園前」下車

函館空港からのご利用

  • 函館バス:「函館駅前」乗車→「五稜郭」下車
  • とびっこ(函館空港~五稜郭~函館空港(循環))

バス停「五稜郭」より徒歩約5分、
市電停留所「五稜郭公園前」から徒歩1分となっております。
詳しくは周辺地図をご覧ください。
上記以外の路線をご利用の方は函館バス公式サイトでご確認ください。