カテゴリー
お知らせ

「ダブルグッチーの挑戦してみよう!~料理編~前編」公開!

皆さんこんにちは!スタッフの仙石です。
この度、函館在住現役高校生コンビ「ダブルグッチー」が様々なことに挑戦する企画がスタートしました!
今回はGスクエアの料理教室でおなじみの「調理師兼フードコーディネーターの松井祐子先生」を
ゲストにお迎えしました。松井先生のご厚意に感謝申し上げます。

さて、4月から一人暮らしを始めるタイミングのダブルグッチーのお二人・・・
水口さんは料理がお得意ということで、いつもの冴え渡るツッコミのように
キレキレの料理する姿をみることはできるのか!?
はたまた、料理経験ゼロの木戸口さんはどんなボケをしてくれるのか!?

下記かこちらからご覧いただくことができます。
撮影したのは実は私です・・・へたっぴでごめんなさい!?
一眼レフの動画機能を使った初めての撮影ということでご容赦いただければ。
後編は現在鋭意編集中ですので近日公開予定です!

ダブルグッチーファン必見の動画に仕上がっています。
ぜひご覧ください!

スタッフ 仙石

カテゴリー
つぶやき

もしもし☎

皆さん、こんにちは!
アルバイトスタッフの加藤です🌝

私事ですが...  学生最後のテストが終わりました😆🎉🎉
きっともう テスト という奴らには会わないでしょう。会わないことを祈ります。
もうテスト勉強に追われないと考えると、気持ちが楽ですね~☺

テスト範囲を間違っていたことに前日に気付きオールでやったり、いけるのでは?と変な自信からSNSをずーっと見て自爆したり、
友達と電話しながら勉強してそのまま寝落ちたり、現実逃避で急にファイルの中を整理したりピアノを弾いてみたり、
テストを目の前に頭が真っ白になったり、分からない事を認めたくなくて訳の分からない答えを書いてみたり...
懐かしい。分かるわーと同意してくださる方がいると信じてます😉
テストに追われている皆さん
大丈夫です。こんなアンポンタンなやつでも大学に行けるし、社会人になれるので✋
数年たてばテスト地獄から解放されて、テストに追われ成績たちから見放された事も懐かしくなるので頑張りましょう!!
お前に言われたくないよって感じですよねー。 なんか書いてるなーって感じでスルーしてください😅

さて、本題にいきます。
今日は何の日でしょう?

3分間電話の日 です☎
1970(昭和45)年、公衆電話からの市内通話の料金が 3分で10円 になったそうです。

ちなみに、それまでは 1通話10円
掛け放題ですね😲

電話機自体が各家庭に1台ではなく、商店や集会所に設置されその地域で共有して使われていた時代、
物珍しさから長時間電話が後を絶たず、「本当に必要な時に電話が使えない!」という
クレームが頻発したため時間制限が設けられたそうです。

いや、1通話10円って。安いっ😲
物珍しく無くても、これは長電話になりますよね。
ちなみに今は、1分で10円。 短いですね。
「もしもしー、○○だよー・・・」で終わっちゃいそうですね。 あちゃ~
公衆電話を使うときは、いかに短い文でしっかり伝えれるかが重要ですね😉
公衆電話は、中学校以来使ってないアルバイトスタッフ加藤でした🌝

カテゴリー
イベント お知らせ

【1/28・1/29】ユーザ・センタード・デザイン 展示会のお知らせ

みなさんこんにちは アルバイト吉田です。
本日のブログはユーザ・センタード・デザインの展示会についてです!
公立はこだて未来大学の情報デザインコース
3年生の講義 「ユーザ・センタード・デザイン」の、成果を発表します。

新・トラム展
今年のテーマは「函館市電×三法良し
函館市電で働いている人や利用者を調査し、売り手 買い手 世間 の三法に良い新サービスの提案と
タッチポイントのデザインの展示会となっております~!
作品の一部を皆さんにちょっとだけご紹介しちゃいます!!

① タイムスリップ市電いつもの市電からの景色がタイムスリップ!
昔の函館の景色を窓ガラスに映し出し、楽しみながら函館の歴史について知ることができる!
というものです。
続いて…

② 居酒屋市電 845号深夜にこっそりと運行し、本町⇔大門 を繋ぎ、移動しながらお酒を楽しむ事が出来る電車
……すごいですね🍺 実現されればいいなぁ…

他にも面白いアイデアがたっくさんたっくさんありました……!!!
しかもどのパネル・模型を見ても素敵でおしゃれ…さすがです…!
また、学生が市電を調査する時に感じたことなどが書かれた紙なども掲示されております。

イベントスペースABで展示しています!!もちろん無料で閲覧可能です。
面白いアイデアがほんとに沢山あります。ぜひぜひ足をお運びください~~お待ちしております!

以上 アルバイト吉田でした~ ✋

~🚃~⭐~🚃~⭐~🚃~⭐~🚃~⭐~🚃
新・トラム展
開催場所 Gスクエア イベントスペースAB
開催日時 1/28 10:00 ~ 19:00
1/29 10:00 ~ 17:0029

 

カテゴリー
イベント

【2/28 第1回 函館地域クラウド交流会】

こんにちは!スタッフつじです。
今年は暖冬だねーと言いつつも今日から明後日にかけては暴風雪⛄との事で、やはり12月~1月に降らなかった分はこれからなのかな…と思っています。ドカッと降らないといいなぁ…と思います。
私も今週末に関東へ行く用事があるので無事に行き帰りが出来るように毎日天気予報とにらめっこしています👀

さて、2/28には題名にあります通り「第1回 函館地域クラウド交流会」が開催されます。

人と「つながる。」事業が「広がる。」新しいコミュニティが「うまれる。」をテーマとした勉強会と交流会が開催されます。

函館は魅力度ランキング2年連続1位(ちなみに6度目だそうです)の街ではありますが、
暮らしている私たちにはどうでしょうか?
私は大学進学を機に一度函館を離れ、就職して最初の赴任地が道南になり、そこから函館に帰ってきたのは約9年前になります。
都会は都会でもちろん色々な刺激があって楽しかったですし、利便性はやはり都会に軍配があがります。
でも、函館のゆったりとした時間が私は好きだなぁと函館を離れてより感じるようになりました。

函館で起業したい!起業する人を応援したい!何らかの方法で地域を活性化させたい!そんな思いを抱いている方へぴったりの交流会となります。
「地域クラウド交流会」では地域の起業家5名が3分間でプレゼンを行い、参加者はクラウドシステムを使って
参加費1000円の内から500円分を応援したい起業家に投票し、起業家は参加者からの応援の気持ちをもらうと同時に得票数に応じて
賞品として商品券を受け取る事ができるという対面型クラウドファンディングを行う事が出来ます。
何をしたらいいかわからないけれど何かしてみたいな」と考えている方は実際に起業されている方からヒントをもらうために
参加してみてはいかがでしょうか?
事前の申し込みは不要となっております。ぜひご参加ください。

函館がより多くの人から愛される街になれるように私たちGスクエアスタッフも精進してまいります!
函館大好きスタッフ つじ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
第1回 函館 地域クラウド交流会
2020年2月28日(金)
17:30~20:30 イベントスペースAB
参加費 1000円(当日受付にてお支払いとなります)
※申し込み不要 ※クラウド勉強会は無料となります
詳細URL https://www.facebook.com/events/769411983562743/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カテゴリー
つぶやき

村山さん、ありがとうございました!

今月26日、村山さんがGスクエアのアルバイトとして最後の勤務を終えました。
村山さんは二年半の間、Gスクエアの業務に貢献してきました。
私も昨年11月からGスクエアで働き始めましたが、村山さんには仕事をはじめとしたたくさんのことを教えて頂きました。
ここからは村山さんのメッセージです↓

Gスクエアでのアルバイトで多くの人と出会う事が出来ました。スタッフやアルバイト、学生など、一人一人との思い出が沢山できました。
私は、Gスクエアが出来て4ヶ月後に入り、ほぼ初期メンバーって感じですかね、、?
入れ替わりが激しい時期で長い時間一緒にいるってことは少ないように思いますが、それでも多くを学びました。
礼節や人との接し方、時間管理、恋愛観など、、、挙げればきりがありません。
学生の相談に乗ることもありましたが、いつの間にか相談に乗ってもらっていることも、、(笑)
ここでのアルバイトは、人から元気を貰えたり、逆に元気を与えたり、人との関りがとても重要で、
自分の人生にとってプラスになることばかりでした。
Gスクエアを辞めることは名残惜しいですが、ここで学んだことを生かし、春から新天地で頑張ろうと思います!!
皆さん今までありがとうございました~♪

村山さんの新たなスタートをスタッフ全員で応援しています!
二年半の間、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!
アルバイトスタッフの千田でした。

カテゴリー
イベント

ライブラリーリンクの研修会に参加しました!

こんにちは!スタッフの仙石です。
今日はキャンパス・コンソーシアム函館主催によるライブラリーリンクの研修会に参加しました!

ライブラリーリンクは函館市内の高等教育機関内の図書館相互の連携強化を図り、
交流を促すためのプロジェクトチームです。
職員研修や地域住民の生涯学習の充実に関する事業を実施しています。

今回の研修会では「まちライブラリー(本を通じた人と人の交流の場)」の提唱者である
磯井純充さん(写真中央)をお招きし、図書館と地域のつながり、情報発信の場としての図書館について考えました。
交流の場は「自分の場所(居場所)」となるかどうかが重要で、
そうなることで人と人がつながり、輪が広がっていくということを講演を通じて再認識しました。

私はGスクエアの施設紹介と施設内にあるボックスギャラリー(本棚)の現状についてお話させていただきました。

ワークショップではボックスギャラリーの活用方法について話し合い、
どんなイメージのボックスだったらよいかをシミュレーションし、発表しあいました。

今後も講師要請をいただいた場合は積極的に協力していきたいと考えています。
関係者の皆さんお疲れ様でした!

スタッフ 仙石

カテゴリー
イベント お知らせ

【1/26】2020ライブラリーリンク研修会「図書館とまちづくり」

皆さんこんにちは。四年目アルバイター村山です。
なんと今回が最後のブログ!!!必見ですね!
とはいうもののいつも通りなんですけど(@_@)

ぽちぽち本題に入っていきましょうかね♪
今回は、題名にもある通り『ライブラリーリンク研修会「図書館とまちづくり」』について!!
キャンパス・コンソーシアム函館 図書館連携プロジェクトチーム「ライブラリーリンク」が
毎年一回主催している、図書館職員向けの研修会です!!
しかし今回は!!!
さらに広いテーマで、「まちライブラリー」提唱者である礒井純充(いそい よしみつ)氏をお招きして、
図書館と地域のつながり、情報発信の場としての図書館について考えるべく、研修会を開催するようです♪

不肖村山、まちライブラリーについて存じ上げないのです。
そこでまちライブラリーとは、、、?
1、場所を作る。呼びかけて皆で本を持ち寄る。
2、持ち寄った本には、寄贈者情報&寄贈者からのメッセージを記入。
3、次に本を読んだ人が感想を連ねていく
4、本をきっかけにお話が出来る!本棚を囲んでお茶会!
みんなが持ち寄った本が集まり、そこに独自の本棚ができる
5、小さな本棚(まちライブラリー)がまちのあちこちにあることで、まちがもっと楽しくなる♪
という仕組みのようです!!!
なるほど!面白い考え方だと思いました(^-^)

↓ ↓ ↓さてさて最後に詳しい内容になります↓ ↓ ↓
ー^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^
1 日 時:2020年1月26日(日) 14:00~17:00
2 場 所:函館コミュニティプラザ Gスクエア(函館市本町24-1シエスタハコダテ4階)
3 テーマ:
第1部
14:00~15:00
インスピレーショントーク「まちライブラリーを活用した地域の場づくり」
~全国の事例から見えてきた「個」が活かされる地域社会の鍵~
講師:礒井 純充氏(まちライブラリー提唱者、森記念財団普及啓発部長、大阪府立大学観光産業戦略研究所客員研究員)
15:00~15:10
事例紹介「Gスクエアの本棚の現状と期待」
講師:Gスクエア 仙石 智義氏
第2部
15:20~15:50
トークセッション 礒井氏、仙石氏、池ノ上真一氏(札幌国際大学 観光学部 教授)
16:00~17:00
ワークショップ「まちとつながるGスクエアの本棚をつくろう!」
※ワークショップは、ライブラリーリンクのメンバーに限ります
ー^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-^ー^-^
最終ブログアルバイター 村山

カテゴリー
つぶやき

もうすぐ節分!

こんにちは、スタッフの天野です。
早いものでもう1月も下旬。年が明けたと思ったらもう1か月が経過しようとしています。
子どもの頃の「1年」はすごく長かったのに、大人になってからの「1年」はあっという間。
子ども時代は毎日の生活の中に「新しい発見」「経験したことがないこと」が溢れています。
それを発見したり経験したりすることで脳は刺激を受け、いろんな出来事を記憶していくために
1年が、1日が、長く感じるそうです。一方、大人になると経験済のことが増え、刺激を受ける機会がどうしても減ってしまいます。そうすると1日の中で記憶に残る「引っかかり」
になるできごとが減り、1日が、1週間が、そして1年が早くなってしまうそうです。
理論立ててみると納得ですよね。毎日、刺激は受け続けたいものですね。
そこで今日は新しい発見(になるかどうか…)を2,3。
タイトルにもある通り、もうすぐ節分。

節分は読んで字のごとく季節の分かれ目。そんな時期には「邪気」が入ってきやすいと
考えられていたそうです。そんな目に見えないもの(邪気)を鬼に見立てて豆をまき、厄払いをしよう!というのが豆まき、です。
そこで一つの疑問が。そもそも、

①なぜ豆をまくのか?
ぶつけられても、正直あまり痛みは感じないような…ではその「豆」に何か思いが込められているのでは?と考え調べてみました。
節分でまく豆は「炒り豆」です。豆は「魔(ま)を滅(め)する=豆」につながり、
「豆を炒る」=「魔の目を射る」につながるため炒り豆を使うようになったそうです。
そしてさらに豆まきの際には「升」に豆が入っていますよね?
それは「”ますます”力が”増す”」という意味が込められているそうですよ。

②イラストのようになぜ力士が豆まきのイベントに参加するのか?

もともと、豆まきも厄払いの意味があり、力士も塩をまいて土俵上を清めます。
そういったことから力士も厄払いや清浄のチカラが強いとされているためです。
ちなみに力士が踏む「四股」ですが葦原醜男(あしはらのしこお)という名前の神様が、
田んぼの真ん中で地面を踏み、鬼を退治したそうです。

③豆まきをしなくても良い苗字?
豆まきをしなくてもよい苗字があるそうです。
かつて渡辺綱(わたなべのつな)という平安の武将が鬼を退治したため、鬼の間では
恐れられているそうで、「わたなべ」さんは豆まきをしなくてもよいとされているそうです。

いかがでしたでしょうか?
ちょっとした「豆」知識でした。知ってから豆まきをするとすこし興味深く
行事に参加できるのではないでしょうか?
是非、「魔の目を射る」つもりで豆まきをやってみてくださいね!
スタッフの天野でした!

カテゴリー
イベント お知らせ

シエスタの文化教室2月分ご案内

こんにちは。
前回のブログで体調には気を付けましょう!と書いておきながら、
先週体調不良で、38.5℃まで熱がでていました(汗)インフルエンザ検査が2度も陰性でした。
3年おきに1月に体調不良に陥る謎のサイクル…不思議です(汗)

さて本日は、来月のシエスタの文化教室のご案内をしたいと思います!

まずは健康編!
【健康歩き方講座】です。こちらは、問診などから自分の歩き方や姿勢の特徴を理解し、普段の意識から変えていくという、
治療とは違う視点の健康教室になっています!講師の桂下先生は、理学療法士のほかに分子栄養学シニアアンバサダーという資格を
持っており、普段の食事についてもアドバイスをもらえるので、日常から健康について意識が持てる講座になっています!

料理編!
【料理「基本のキ」教室】は、家庭料理の定番メニューを作りながら、料理を作る楽しさや料理がおいしくなるコツを
デモンストレーション形式で学んで、最後にみんなでおいしく召し上がるという、料理教室になっています!
2月のテーマは「お菓子作り」です!お家で気軽に作れるお菓子(クッキーやマフィン)の簡単でおいしく作れるコツを学びます!

どちらも、まだまだ参加者を募集していますので、気軽にお問合せください(^^)

【健康歩き方講座】
日時:2月13日(木) ①10:00~11:30 ②12:00~13:30
2月27日(木) ①10:00~11:30 ②12:00~13:30
定員:各回8名
受講料:500円

【料理「基本のキ」教室】
日時:2月20日(木) ①11:00~13:00 ②18:30~20:30
定員:各回10名
受講料:1,000円

※お申込みは、当日の3日前までにお願いします。
※当日の1~2日前のキャンセル、及び当日キャンセルの場合は、キャンセル料として当月中に1,000円お支払いいただきます。

最近身体の歪みが気になるスタッフ ふるた

カテゴリー
お知らせ

Gスクエアの若者☆ドリームプロジェクト

こんにちは!
今週から市内幼稚園や小学校・中学校も3学期が始まり、ようやく我が家も日常が戻ってきた感じです。
高校入試はこれから本番ですし、道外の大学を受験される方たちは長距離移動もある中で、体調管理が難しいと思いますが、ご家族の方の協力も得ながら、後悔だけは残らない受験になりますように!

今日は、そんな若者たちを応援するイベントのお知らせです。
Gスクエアでは、若者☆ドリームプロジェクトとして、
【ダブルグッチーを応援しよう!】
【松井菜桜子さんによる声優ワークショップ】
と企画してきましたが、3月に3つめのプロジェクトが決まりました!

3月8日(日)13:00~ 入場無料・申込不要・定員100名
『田島翔氏 函館初の講演会 夢をあきらめない』

田島氏は函館出身のプロサッカー選手であり、2020年よりFC函館ナチャーロに加入されています。

サッカー選手に憧れている子どもたちや保護者の方々はもちろんのこと、夢や目標を持っていて叶えたいと思っている若者のみなさん、お話の中で、勇気をもらえることや参考になること、これからの道筋が見えてくるかもしれません。

是非、お越しください。

アルバイトスタッフ 森