プロジェクト情報

高校生を中心としたワカモノが社会人と一緒に作り上げる体験型プログラムです。

Gスクではじめよう!音楽の夢。Gスクエア『軽音楽部(仮)』

募集中

Gスクではじめよう!音楽の夢。Gスクエア『軽音楽部(仮)』

平成30年度新規プロジェクト!Gスクエアで「軽音楽部(仮)」を発足いたします!

「楽器をはじめてみたいけど、まずはできそうかどうか、触ってみたいなぁ」

「たくさん音楽談義をしたり、一緒に愉しめる仲間が欲しい!」

「練習場所として」

理由はなんでも大丈夫!楽器演奏、歌を一緒に愉しみませんか?

ゆくゆくはGスクエアでのアコースティックライブをしよう!

 

第5回目は6月13日(水)15:30~20:00

 

Gスクエア 軽音楽部(仮)←正式名称になりました!
日  時  毎月第2、第4水曜日 15:30~20:00
対  象 高校生・大学生(もちろん大人の方歓迎!)
場  所 函館コミュニティプラザ Gスクエア
参  加 無料(貸し出せる楽器も少しだけあります!)
 

  • 期間

    2018年4月18日~ 毎月第2、第4水曜日

  • 定員

    参加したい人は全員

  • 対象

  • 用意するもの

    熱いハートのみ。

アコースティックライブ『1年間の感謝を歌に。』

終了

アコースティックライブ『1年間の感謝を歌に。』

Gスクエアのイベントスペースにてアコースティックライブ開催が決定いたしました!

参加費などは一切かかりません!観覧はもちろん無料です!

音楽大好きな方も、普段あまり音楽に触れていない方も是非生の演奏を見に来てみてくださいね!

みなさんでGスクエアを『ありがとう』が溢れかえるコンサートホールにしましょう!

 

【開催日時】2018年3月24日(土)16:00~20:30

【会  場】Gスクエア イベントスペースA・B

【出演者】※出演順ではありません

Apolo /  akari / くだらないエスカレータ / 水産高校吹奏楽部

鈴木 一生 / Nanamin / ハンチングブラザーズ

 

  • 期間

    2018年3月17日~2018年3月24日

  • 定員

    -

  • 対象

    高校生以上

  • 用意するもの

    熱い感謝の想い。

~広く市民の夢を受け入れる場所をめざして~ どんな“場所”にしてく?

平成29年度 函館コミュニティプラザ Gスクエア 意見交換会

終了

~広く市民の夢を受け入れる場所をめざして~ どんな“場所”にしてく?

平成29年度 函館コミュニティプラザ Gスクエア 意見交換会

Gスクエアでやってみたいことは?
Gスクエアの良いところ、悪いところは?
Gスクエアにこうしてほしい!とかは?

 

皆様のアイディアをいかし、Gスクエアをより良い施設にするために、
事業や運営についての意見交換会のワークショップを開催します。

 

日時:2018年2月25日(日)14:00~16:00
対象:普段ご利用されている一般市民・高校生・大学生
   プロジェクト事業のエキスパートの皆様
   貸館でご利用されている皆様

 

【参加費無料】

  • 期間

    2018年2月25日(日)14:00~16:00

  • 定員

    30名程度

  • 対象

    普段ご利用されている一般市民・高校生・大学生、プロジェクト事業のエキスパートの皆様、貸館でご利用されている皆様

  • 用意するもの

エキスパート紹介

函館市立万年橋小学校 教諭

藤原 友和さん

生粋の函館人!
サッカー大好き!

歴史的建造物の活用を考えるワークショップ

函館の未来を一緒に考えよう

終了

歴史的建造物の活用を考えるワークショップ

函館の未来を一緒に考えよう

函館の未来を一緒に考えよう
歴史的建造物の活用を考えるワークショップを開催します!
 
歴史的建造物の多い函館。
そんな地域で暮らしている皆さんの
意見やアイディアで、函館の未来がかわるかもしれません!
 
今回は、
北海道大学 観光学高等研究センターの西山徳明教授と
文化施設のプランニングにおいてのプロフェッショナル
乃村工藝社の渡邉創さんを講師にお招きして、一緒に考えます!
 
 
ちょっと堅苦しいと思う『歴史的建造物』の活用。
皆さんなら、どんな風に活用したいかな?
函館の街を自分たちで変えていこう!
 
 
日 時 :2018年2月10日(土)
集合時間:13:00(受付開始 12:30〜16:30 終了予定)
集合場所:旧函館区公会堂
     住所:函館市末広町4-19
申し込み:GスクエアHPよりプロジェクト参加ボタンから申し込み。
※2月8日締め切り
 
参加費:無料
    (集合場所までは各自お越しください)
 
定員:20名
用意するもの:筆記用具
主催:函館市指定管理者 Gスクエア
お問い合わせ:0138−35−4000

  • 期間

    2018年2月10日

  • 定員

    20名(先着順)

  • 対象

    高校生以上の方

  • 用意するもの

    筆記用具

かっこいいダンスを踊れるようになろう!

終了

かっこいいダンスを踊れるようになろう!

ちょっとだけダンスやってたけど、高校・大学入ってからやらなくなった。
テレビ観てて、かっこいいダンスやってみたいけど…そんな風に思っている人は注目です!
Gスクエアダンスプロジェクト始動します!
始めは基礎から行い、創作ダンスをしていきます。みんなで作り上げる一体感を共有し、学校生活とは違う仲間と、ダンスを楽しみましょう!

 

毎週金曜日にGスクエアでダンスの基礎から創作ダンスをやっていきます。

 

人前でかっこいいダンスを踊っちゃおう!
日  時 毎週金曜日 18時から
エキスパート JADE Dance Studio 主宰 竹内 翠 氏
対  象 高校生・大学生
場  所 函館コミュニティプラザ Gスクエア
参  加 無料
申込方法 氏名・連絡先(電話番号又はメールアドレス)をGスクエアまでご連絡ください。

  • 期間

    2017月6月23日~2018年3月まで  毎週金曜予定

  • 定員

    最大20名

  • 対象

    ダンスしてみたい、興味ある 高校生・大学生

  • 用意するもの

    動きやすい服装・シューズ

エキスパート紹介

JADE Dance Studio

竹内 翠さん

2009年にJADE Dance Crewを立ち上げ、自主公演の他、函館黒船、花と緑のフェスティバル、クリスマスファンタジー等、市内・近郊に於いてのイベントや舞台へ振付・出演。2014年、JADE Dance Studioを設立、市内の幼稚園・小・中・高校での課外授業や函館野外劇ワークショップ等、スタジオ外でも講師を務める傍ら、現役ダンサーとして各種舞台へ出演・客演されています。

グラフィックレコーダー養成講座(初級編)

グラフィックレコーダー養成講座~初級編~

終了

グラフィックレコーダー養成講座(初級編)

グラフィックレコーダー養成講座~初級編~

日時:2017年10月28日(土)14:00~17:00

場所:函館コミュニティプラザ Gスクエア

講師:藤原 友知 氏

対象:高校生・大学生・一般 20名

申込:電話(0138-35-4000)にて申し込み

その他:参加費無料

 

クラスの話し合いで大活躍マチガイなし!

目で見えるリアルタイムの議事録を
書けるようになりませんか?
クラスでの話し合いがサクサク進むようになるかも!?

議論や対話で交わされる言葉に込められた思いや感情を目で見える絵で表現します。

効率よく質の高い会議を進めるための技術をみがく講座です。

 


 

以下1回目(6/11実施)の案内
グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)

日時:2017年6月11日(日)14:00~17:00

場所:函館コミュニティプラザ Gスクエア

講師:藤原 友知 氏

対象:高校生・大学生・一般 20名

申込:氏名・連絡先(電話番号又はメールアドレス)をGスクエアまでお申し込みください。

その他:参加費無料

 

函館の未来を創ろう!を目的に函館の公共施設を考えるワークショップを開催します。

函館には歴史的建造物が数多く残されていますが、実際に施設を見学し、「ああしたい」「こうしたい」等々、歴史ある函館の街を未来へどう繋いでいくかの意見交換をするのですが、その前段として「グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)」を行います。

中身の濃いワークショップにし、より良い函館を未来に繋ぐことができるか、大切な第一歩だと思います。みな様の応募と参加をお待ちしています。

プロジェクトに申し込む(電話で申し込む)

0138-35-4000

  • 期間

    2017年10月28日(土)14:00~17:00

  • 定員

    20名(先着順)

  • 対象

    高校生以上

  • 用意するもの

    筆記用具

エキスパート紹介

函館市立万年橋小学校 教諭 

藤原 友和 氏さん

生粋の函館人!サッカー大好き!

<藤原先生よりコメント>
会議で話し合いを「見える化」すると、とても生産的な時間になります。
基本のキから一緒に学びましょう。

試験にも実生活にも役立つ!北海道新聞社 社員 直伝講座

文章力を身につけよう!

終了

試験にも実生活にも役立つ!北海道新聞社 社員 直伝講座

文章力を身につけよう!

私たちの身の回りには新聞や雑誌フリーペーパーなど、多くの刊行物があります。それらは情報取集をしたり、取材をしたり、記事の執筆や写真撮影など多くの工程を経て発行されています。北海道新聞函館支社のエキスパートから文章や情報発信のいろはを学び、私たちの手で情報発信をしてみよう!

 

 

第7&8回 「SNS時代の情報発信 ツイッターの文字数140字で伝えるシエスタキッチンの魅力」

日 時 2日目 2018年3月7日(水)18:00~19:00

場 所 函館コミュニティプラザ Gスクエア

講 師 北海道新聞函館支社

申込み ①GスクエアHPよりプロジェクト参加ボタンから申し込み。②電話(0138-35-4000)にて申し込み。

※2018年2月12日 〆切

その他 参加費無料

 

チラシのダウンロードはこちらから!

  • 期間

    2017年6月24日~2018年3月予定

  • 定員

    25名

  • 対象

    函館市内・近郊の学生(新聞記者や出版業を目指す方、各学校のスキルアップをしたい新聞部の皆さん大歓迎!)

  • 用意するもの

    筆記用具、ノートなどの記録用紙

エキスパート紹介

地域連携

北海道新聞社さん

北海道の「今」を切り取り、皆さんに伝えています!
物事を伝える楽しさを一緒に学んでいきましょう。

「世界に一冊だけの本・展」に参加しよう!

終了

「世界に一冊だけの本・展」に参加しよう!

 

「世界に一冊だけの本・展」を知っていますか?

毎年秋に西部地区で開催されている手作りの本の展覧会です。

本プロジェクトでは世界に一冊だけの本・展の代表を務める小宮伸二さんに
作品作りのアドバイスをいただきながら、世界に一冊だけの本を作成します。

世界に一冊だけの本・展に出展するほか、会場設営や運営など
イベントの裏方を経験することができます。
世界に一冊だけの本・展開催日( まちづくりセンター会場:2017 年11 月21 日~ 28 日,
Gスクエア会場:2017 年12 月1 日~ 3 日) まで行われるプロジェクトです。

 

世界に一冊だけの本・展の詳細はこちらから!

 

※H29年度の募集は終了しました。

  • 期間

    2017年7月13日~2017年12月3日

  • 定員

  • 対象

  • 用意するもの

自分でつくる仕事みち図鑑@ハコダテ

終了

自分でつくる仕事みち図鑑@ハコダテ

高校生の声から生まれた「働き方・生き方」を体感するキャリア教育プログラム。

 

そのプログラムを今回初めて函館の若者と行います!

 

 

まちで出会った大人たちに高校生がインタビューをし、仕事に関する話を引き出し、次にその人の仕事場を見せてもらう。その言葉や写真を1枚のカードに収め、参加者全員のカードにし「仕事みち図鑑」にします。

 

 

世の中には数えきれないほど多くの職業が存在していても、高校生が知っているものをそのうちの一握り。このプログラムを通してまちのさまざまな人に出会い、その人の職業や働く想いを聞くことで、未知の職業を発掘する取り組みです。

 

 

この取り組みを行っているのは宮城県石巻市にある特定非営利活動法人かぎかっこプロジェクト。高校生世代に対して彼らの育んだ地域とのつながりを持つ機会や生きがい・働きがいを考える機会を創出する取り組みを行っています。

 

 

今回函館でも実施する「自分でつくる仕事みち図鑑」は、平成25年度の復興庁の「新しい東北」先導モデル事業に選定されました。

 

2回目の活動では、インタビューと写真撮影をシエスタハコダテで行います!

チームで行う活動、2回目からの参加も大歓迎!

人と話すことが好きな人、シエスタハコダテをもっと深く知りたい人、ぜひご参加ください!

 

チラシ(PDFファイル)

 

 

***************************************

以下1回目(7/28実施)の案内

7月28日(金)の初回は、かぎかっこプロジェクトから理事長の神澤祐輔さんをお招きし、自分自身を振り返ること、インタビューの練習、写真の撮り方を学ぶレクチャーから始まります。

 

将来について悩んでいる人、なりたい仕事がわからない人。

ぜひ参加してください!

 

このプロジェクトでは、教科書でもノートでもない、オリジナルのカリキュラムブックを1人1冊使って活動していきます。

 

活動では、専門家監修のチェックシートを活用します。社会人基礎力の「3つの力」(前に踏み出す力・考える力・チームで働く力)の観点から自分を深く知る機会になります!

 

 

 

 

 

  • 期間

    2017年10月10日(火)

  • 定員

    20名

  • 対象

    高校生・大学生

  • 用意するもの

    筆記用具

プロジェクト一覧

交通アクセス

JR函館駅からのご利用

  • 函館バス:「函館駅前」乗車→「五稜郭」下車
  • 105系統(函館駅前~五稜郭~赤川)
  • 6-2系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~上陣川)
  • 59系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~旭岡中学校前)
  • 10系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~鉄山)
  • 市電:「函館駅前」乗車→「五稜郭公園前」下車

函館空港からのご利用

  • 函館バス:「函館駅前」乗車→「五稜郭」下車
  • とびっこ(函館空港~五稜郭~函館空港(循環))

バス停「五稜郭」より徒歩約5分、
市電停留所「五稜郭公園前」から徒歩1分となっております。
詳しくは周辺地図をご覧ください。
上記以外の路線をご利用の方は函館バス公式サイトでご確認ください。