Loading

プロジェクト情報

高校生を中心としたワカモノが社会人と一緒に作り上げる体験型プログラムです。

自分でつくる仕事みち図鑑@ハコダテ

自分でつくる仕事みち図鑑@ハコダテ

高校生の声から生まれた「働き方・生き方」を体感するキャリア教育プログラム。

 

そのプログラムを今回初めて函館の若者と行います!

 

 

まちで出会った大人たちに高校生がインタビューをし、仕事に関する話を引き出し、次にその人の仕事場を見せてもらう。その言葉や写真を1枚のカードに収め、参加者全員のカードにし「仕事みち図鑑」にします。

 

 

世の中には数えきれないほど多くの職業が存在していても、高校生が知っているものをそのうちの一握り。このプログラムを通してまちのさまざまな人に出会い、その人の職業や働く想いを聞くことで、未知の職業を発掘する取り組みです。

 

 

この取り組みを行っているのは宮城県石巻市にある特定非営利活動法人かぎかっこプロジェクト。高校生世代に対して彼らの育んだ地域とのつながりを持つ機会や生きがい・働きがいを考える機会を創出する取り組みを行っています。

 

 

今回函館でも実施する「自分でつくる仕事みち図鑑」は、平成25年度の復興庁の「新しい東北」先導モデル事業に選定されました。

 

 

7月28日(金)の初回は、かぎかっこプロジェクトから理事長の神澤祐輔さんをお招きし、自分自身を振り返ること、インタビューの練習、写真の撮り方を学ぶレクチャーから始まります。

 

将来について悩んでいる人、なりたい仕事がわからない人。

ぜひ参加してください!

 

このプロジェクトでは、教科書でもノートでもない、オリジナルのカリキュラムブックを1人1冊使って活動していきます。

 

活動では、専門家監修のチェックシートを活用します。社会人基礎力の「3つの力」(前に踏み出す力・考える力・チームで働く力)の観点から自分を深く知る機会になります!

 

チラシダウンロードはこちら

 

 

 

  • 期間

    2017年7月28日

  • 定員

    20名

  • 対象

    高校生以上

  • 用意するもの

    筆記用具

エキスパート紹介

特定非営利活動法人かぎかっこPROJECT所属

神澤 祐輔さん

1985 年生まれ。兵庫県出身。特定非営利活動法人かぎかっこPROJECT理事長。

「世界に一冊だけの本・展」に参加しよう!

「世界に一冊だけの本・展」に参加しよう!

日 時:2017 年7 月13 日(木)18:00~19:00

場 所:函館コミュニティプラザ Gスクエア

募 集:函館市内・近郊の学生 先着15 名

申込み:①GスクエアHP より
プロジェクト参加ボタンから申し込み。
②電話(0138-35-4000) にて申し込み。

その他:参加費無料

 

「世界に一冊だけの本・展」を知っていますか?
毎年秋に西部地区で開催されている手作りの本の展覧会です。

本プロジェクトでは世界に一冊だけの本・展の代表を務める小宮伸二さんに
作品作りのアドバイスをいただきながら、世界に一冊だけの本を作成します。

世界に一冊だけの本・展に出展するほか、会場設営や運営など
イベントの裏方を経験することができます。
世界に一冊だけの本・展開催日( まちづくりセンター会場:2017 年11 月21 日~ 28 日,
Gスクエア会場:2017 年12 月1 日~ 3 日) まで5 か月を通して行われるプロジェクトです。

 

世界に一冊だけの本・展の詳細はこちらから!

 

 

 

  • 期間

    2017年7月13日~2017年12月3日

  • 定員

    15名

  • 対象

    函館市内・近郊の学生 

  • 用意するもの

かっこいいダンスを踊れるようになろう!

かっこいいダンスを踊れるようになろう!

ちょっとだけダンスやってたけど、高校・大学入ってからやらなくなった。
テレビ観てて、かっこいいダンスやってみたいけど…そんな風に思っている人は注目です!
Gスクエアダンスプロジェクト始動します!
始めは基礎から行い、創作ダンスをしていきます。みんなで作り上げる一体感を共有し、学校生活とは違う仲間と、ダンスを楽しみましょう!

 

毎週金曜日にGスクエアでダンスの基礎から創作ダンスをやっていきます。

 

人前でかっこいいダンスを踊っちゃおう!
日  時 毎週金曜日 18時から
エキスパート JADE Dance Studio 主宰 竹内 翠 氏
対  象 高校生・大学生
場  所 函館コミュニティプラザ Gスクエア
参  加 無料
申込方法 氏名・連絡先(電話番号又はメールアドレス)をGスクエアまでご連絡ください。

  • 期間

    2017月6月23日~2018年3月まで  毎週金曜予定

  • 定員

    最大20名

  • 対象

    ダンスしてみたい、興味ある 高校生・大学生

  • 用意するもの

    動きやすい服装・シューズ

グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)

グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)

グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)

グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)

函館の未来を創ろう!を目的に函館の公共施設を考えるワークショップを開催します。

函館には歴史的建造物が数多く残されていますが、実際に施設を見学し、「ああしたい」「こうしたい」等々、歴史ある函館の街を未来へどう繋いでいくかの意見交換をするのですが、その前段として「グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)」を行います。

中身の濃いワークショップにし、より良い函館を未来に繋ぐことができるか、大切な第一歩だと思います。みな様の応募と参加をお待ちしています。

 

グラフィックレコーダー教育講座(超入門編)

日  時  6月11日(日) 14:00~17:00

開催場所  函館コミュニティプラザ Gスクエア

講  師  藤原 友知 氏

対  象  高校生・大学生・一般 20名

受講費用  無料

申し込み  氏名・連絡先(電話番号又はメールアドレス)をGスクエアまでお申し込みください。

 

 

  • 期間

    平29年6月11日(日)

  • 定員

    20名

  • 対象

    高校生・大学生・一般

  • 用意するもの

    筆記用具

試験にも実生活にも役立つ!北海道新聞社 社員 直伝講座

文章力を身につけよう!

試験にも実生活にも役立つ!北海道新聞社 社員 直伝講座

文章力を身につけよう!

私たちの身の回りには新聞や雑誌フリーペーパーなど、多くの刊行物があります。それらは情報取集をしたり、取材をしたり、記事の執筆や写真撮影など多くの工程を経て発行されています。北海道新聞函館支社のエキスパートから文章や情報発信のいろはを学び、私たちの手で成果発表の冊子を発行しましょう!

 

 

第2回 新聞を学ぼう!~記事ができるまでの工程~

日 時 2017年7月25日(火) 18:00~19:00

場 所 函館コミュニティプラザ Gスクエア

申込み ①GスクエアHPよりプロジェクト参加ボタンから申し込み。②電話(0138-35-4000)にて申し込み。

※2017年7月22日 〆切

その他 参加費無料

 

第3回文章力講座① ~記事執筆のための取材ルールや基本について~

第4回文章力講座② ~実取材から学ぶ取材のコツ~

第5回写真撮影講座 ~伝わる写真の撮り方講座~

第6回新聞広告講座 ~もうひとつの伝達手段 新聞広告を学ぶ~

第7回記事執筆実践講座① ~記事作りに挑戦~

第8回記事執筆実践講座② ~記事に学ぶ、記事から考える~

※第3回~第8回までのカリキュラム内容は変更になる可能性もございます。予めご了承ください。

 

 

このプロジェクトは函館コミュニティプラザGスクエアにて

月1回に上記の講座(計8回)とそれ以外にもプロジェクトメンバーで日程を決め

取材を行ったり、記事を書いたりします。冊子の完成まで、1年を通して行われます。

  • 期間

    2017年6月24日~2018年3月予定

  • 定員

    25名

  • 対象

    函館市内・近郊の学生(新聞記者や出版業を目指す方、各学校のスキルアップをしたい新聞部の皆さん大歓迎!)

  • 用意するもの

    筆記用具、ノートなどの記録用紙

エキスパート紹介

地域連携所属

北海道新聞社さん

北海道の「今」を切り取り、皆さんに伝えています!
物事を伝える楽しさを一緒に学んでいきましょう。

プロジェクト一覧

交通アクセス

JR函館駅からのご利用

  • 函館バス:「函館駅前」乗車→「五稜郭」下車
  • 105系統(函館駅前~五稜郭~赤川)
  • 6-2系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~上陣川)
  • 59系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~旭岡中学校前)
  • 10系統(バスセンター~函館駅前~五稜郭~鉄山)
  • 市電:「函館駅前」乗車→「五稜郭公園前」下車

函館空港からのご利用

  • 函館バス:「函館駅前」乗車→「五稜郭」下車
  • とびっこ(函館空港~五稜郭~函館空港(循環))

バス停「五稜郭」より徒歩約5分、
市電停留所「五稜郭公園前」から徒歩1分となっております。
詳しくは周辺地図をご覧ください。
上記以外の路線をご利用の方は函館バス公式サイトでご確認ください。